ケーキを食べた場合

このページでは、主にケーキを食べた場合の血糖値テスト結果を表記しています。

検証1:ロールケーキ1本(91→124mg/dl)

ロールケーキは、2切れ(150g)で糖質量が39.6gほどになるそうなので、この量なら4~5倍と考えられます。

食前:91mg/dL

食後:119mg/dL

30分後:92mg/dL・97mg/dL

1時間後:120mg/dL・124mg/dL

1時間半後:92mg/dL・85mg/dL

意外と血糖値に反映されないのが不思議でした。ケーキは、糖質量の割に血糖値が上がりにくくなる何らかの理由があるのかもしれません。

後半食べ飽きたのと、食後にだるさが出るのは共通しています。

検証2:ケーキ3種類(88→105mg/dl)

食前:88mg/dL

食後:99mg/dL

30分後:83mg/dL

1時間後:100mg/dL

1時間半後:105mg/dL

やはり、ケーキは、イメージよりも血糖値が上がりにくい印象があります。

クリームという脂質と混ざることで吸収されにくくなることがあるのかはわかりませんが、個人的には、「ケーキが一番血糖値が上がる」という結果が納得しやすかっただけに、まだ検証の余地が残ります。

検証3:胃カメラ翌日にケーキ(76→103mg/dl)

胃カメラ検査を受けてきた翌日に、ケーキを食べてみました。

食前:76mg/dL

食後:86mg/dL

30分後:92mg/dL

1時間後:103mg/dL

1時間半後:98mg/dL

2時間半後:90mg/dL

ケーキだからなのか、胃カメラによる胃腸の不調によるものなのか微妙な結果となりました。

胃カメラの後に、きなこ餅や雑煮を食べた時にも同じように血糖値が上がらず、消化不良のような感覚がありました。

検証4:ケーキ4種類(70→112mg/dl)

食前:70mg/dL

食後:112mg/dL

30分後:96mg/dL

1時間後:94mg/dL

1時間半後:98mg/dL

2時間後:91mg/dL

これだけのケーキを食べれば、糖質量としては危険レベルな感覚はあったのですが、あまり上がりませんでした。

逆に怖い気がしてなりません。

検証5:糖質制限ケーキ1ホール

糖質制限ケーキとして販売されているものです。購入したのは、GOOD EATZというお店のレアチーズケーキです。

12cmのホールケーキ一つで4,100円です。サイズを考えると価格は割高です。

パンフレットには、甘味原料にエリスリトールを用いていることが書かれています。ブドウ糖を酵素で発酵させた甘味料で、人工甘味料とは異なるそうです。

500gとした場合、カロリーは850kcalで糖質量は、19.5gほどになります。

食前:77mg/dL

食後すぐ:88mg/dL・95mg/dL

食後30分:98mg/dL

食後1時間:93mg/dL・95mg/dL

食後1.5時間:96mg/dL

食後2時間:94mg/dL

糖質制限ケーキというだけあり、血糖値は100mg/dlを超えませんでした。

ただ、早く検証するために半分冷凍状態で食べてしまったので、味に関してはコメントを控えます。

※人口甘味料ではなく「人工甘味料」です。

検証6:ケーキ3種類(86→135mg/dl)

食前:86mg/dL

食後すぐ:102mg/dL

食後30分:135mg/dL

食後1時間:129mg/dL

食後1時間30分:115mg/dL

食後2時間:87mg/dL

ようやく130mg/dlを超えました。

なんだか、血糖値を上げることが目的となっていることも否定できませんが、意外と糖質が少ないのか、混ぜることで糖が吸収されにくなっているのかという不明点は残ります。

検証7:ミスド5種類(68→131mg/dl)

食前:68mg/dL

食後:115mg/dL

30分後:131mg/dL

1時間後:115mg/dL

1時間半後:110mg/dL

簡単に130mg/dlを超えてくれました。

子供の頃は、家族で出かける時に買ってくる定番品であり兄と奪い合いになったこともあるくらい、人生に長く寄り添っている印象のある食品ですが、今後は控えめにしておきます。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート