パンを食べた場合

このページでは、パンを食べた場合の血糖値テスト結果を表記しています。

検証1:パン4種類(74→134mg/dl)

食事内容:ヨモギあんパン、塩パン、くるみパン、チョコチップくるみパン

食前:74mg/dL

食後:110mg/dL

40分後:134mg/dL

1時間10分後:116mg/dL

1時間40分後:96mg/dL

思ったよりも血糖値が上がらない印象を持ちました。

検証を始めた最初の頃は、トレーニングを割と行っていたりファスティングによるカロリー制限の後だったことも関係しているのかもしれません。

検証2:千切りキャベツ+パン4種類(66→137mg/dl)

「食物繊維を摂れば、血糖値が上がりにくくなる」を検証するために、食事前に千切りキャベツを食べてから実験してみました。

食前:66mg/dL

食後:126mg/dL

30分後:136mg/dL

1時間後:137mg/dL

2時間後:134mg/dL

結果だけを見ると食物繊維を摂っても、ほとんど関係ないと言えます。

千切りキャベツよりも、味噌汁のような濁りのあるスープを多めに飲んだ方が血糖値が上がりにくかったと個人的には感じてます。

検証3:パン4種類(79→124mg/dl)

食前:79mg/dL

食後:124mg/dL

40分後:123mg/dL

2時間半後:119mg/dL

パンを食べると、大体130mg/dl近辺が上限となることがわかってきました。

検証4:パン5種類(78→135mg/dl)

食前:78mg/dL

食後:135mg/dL

30分後:112mg/dL

再チェック:121mg/dL

1時間後:116mg/dL

1時間半後:102mg/dL

2時間後:128mg/dL

再チェック:110mg/dL

2時間半後:100mg/dL

パンは美味しいですが、食後は、血糖値と体温上昇による発汗作用で皮膚がピリピリする感覚が共通して起こります。

検証5:ケーキ2種類+パン2種類(75→125mg/dl)

ケーキと大きなクロワッサンという組み合わせです。

食前:75mg/dL

食後:125mg/dL

30分後:101mg/dL

30分後(2回目):108mg/dL

1時間後:94mg/dL

1時間半後:92mg/dL

パンの中でもクロワッサンは、中身がスカスカだからか、バターをたくさんつかっているからか血糖値が上がりにくい印象があります。

また、ケーキも血糖値が意外と上がらないことがわかったのですが、食べ過ぎは体に良くない印象が不思議と消えません。

検証6:玄米パンほぼ一斤(74→127mg/dl)

玄米入りの食パンです。8割ほどあります。

お皿の直径は、24cmです。

食前:74mg/dL

食後:127mg/dL

30分後:94mg/dL

1時間後:102mg/dL

1時間半後:98mg/dL

2時間後:102mg/dL

ほぼ一斤もあるパンを食べたら、血糖値は180mg/dl位まで上がるのではないかと思っていたのですが、130mg/dlを超えない結果が不思議に感じました。

オリーブオイルを使いながら食べたことで、糖の吸収が抑えられたのかもしれません。

半分を過ぎた頃から、食べ飽きました。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート