中年太り対策のファスティングで得たもの

私が30代前半頃までは、ご飯が主食だと思っていたのですが、20代後半頃から太りやすくなり、30代に入るとますます下腹がぽっこり・・・。

「中年太りが始まった・・・」と、誰しもが通る道のように感じていたものです。

そんな中、仕事で忙しくてご飯を炊くのを忘れたことが何度かあり、その位の方が体が調子が良くて食後のだるさも起こらない実感がありました。

「ご飯食べない方が体が楽?・・・」

そんな疑問がよぎったのですが、ご飯を食べた時の満足感も事実。

ご飯は、身体に良いものだとも感じていたのですが、何か引っかかるものがありました。

「そもそも、なぜ炭水化物が主食?」

この疑問がきっかけで、食生活の前提を見直すためにファスティングに興味を持ち始めました。

このページでは、ファスティングのきっかけから実践内容、その後の意識の変化などについてまとめています。

ご飯を食べない日が増えた

「食べたいけど、太る。我慢」

30代に入ってからは、ご飯で明らかに太りやすくなったので、ご飯を食べ過ぎた翌日には、トレーニング量を増やすなどでエネルギー消費をコントロールしていました。

摂取した分は、強制的に消費する。ある意味では、健康的な生活です。

私の中では、ご飯を毎回食べて下腹部が出る現実を受け入れるよりも、主食を減らしてでも中年太りは避けたいと思っていました。

栄養学については多少知っている程度ですが、何十種類もサプリメントを試してきたくらい健康については考えてきたつもりです。

色々な方法で野菜ジュースを作っていた時期もあります。

栄養学の本などから知り得た知識で、食事は、たんぱく質と野菜を中心で考え、余裕があればご飯という食生活を続けることで体重の増加をどうにか防ぐことができていました。

30歳から甘いものデビュー

ご飯の量は減らすようになっていたものの、甘いものの誘惑に勝てず、昼は、パン、和菓子、洋菓子だけに済ますようなこともありました。

当時は、「ブラックコーヒー+甘いもの」が定番でした。

「この生活の先には、糖尿病・・・」

なんとなく、そんな心配はあるものの、「まだ心配するほどではない」という自分に対する甘さから、歯止めが効かなかったというのが正直なところです。

さらに、20代と比べて金銭的余裕が持てるようになったことで、甘いものへの贅沢欲求を晴らす機会が増加していきました。

体に悪いことをしている気持ちと「好きなものを食べるのが人生の幸せ」ような気持ちが混在し、どの程度病気のリスクなのかを知る術が無かったことで自分を誤魔化していた気がします。

その埋め合わせとして、糖質を多く摂った日は、食事量を減らす悪循環で栄養バランスが悪くなっていたのは言うまでもありません。

この頃から、高糖質食品だけを食べた後に体が震えて力が入らないような感覚が強くなってきたことを覚えています。

ファスティングとの出会い

今までの食生活では生活習慣病になると感じ、何かしらの対策をしようと思った時、最初に手にしたのがファスティングの本です。

読んだ本には、ファスティング経験者のレポートが書かれていました。

レポートの要点

  • 脂肪細胞の老廃物を出せる
  • がん細胞の毒素を出せる

その本には、「脂質を溜めることは老廃物を溜めることであり、がん細胞が一手に引き受けている」という理由によるファスティングの推奨です。

補足すると、「毎日の食事で取り入れる一方では体内の老廃物が蓄積し将来的ながん化に繋がるので、ため込んだ老廃物を出す習慣が必要」ということです。

糖質制限とファスティングの共通点

ファスティングの説が正しいかは置いておいて、言わんとしていることは、糖質制限でいうところの「がん細胞を兵糧攻め」の考えと同じように思います。

がん細胞は、正常細胞の3~8倍のブドウ糖を取り込み増殖を続けるそうなので、がん細胞の必要とするブドウ糖の供給を断てば、増殖を抑えられる可能性があるという考えです。

その方法として、ファスティング、もしくは、糖質制限が有効となる。

ただし、いずれも急激に食事内容を変更すると、体調の異変が出やすくなります。

ファスティングのつらさ

ファスティングは、最初の3日目くらいまでがつらいと言われます。

今まで糖質頼りだったため、一時的なエネルギー生産不足による影響と考えるのが妥当です。

それ以外は、糖質依存で起こりやすい精神的な空腹感によるつらさがあります。

半年間の極端な食事制限

ファスティングがどんなものかをなんとなく理解した私ですが、さすがに断食はハードルが高いと感じ、極端な食事制限をしてみることにしました。

結果、半年間で体重は61kgから53kgとなり、体脂肪率は最小で3.8%まで落ちました。

スポーツジムのインボディという機械で測ったところ、たんぱく質やミネラルなど諸々の数値も軒並み下がりました。

今となっては無謀なことをしたと思っていますが、当時は、手応えを感じてモチベーションの高さに支えられていただけでなく、頭は冴え渡り調子も良かったです。

戦時中の食料事情を考える

極端な食事制限をしていた時は、戦地で飲まず食わずだった日本兵を想像していました。

ほとんど何も食べられないながらも生還した人の中には、90歳を過ぎても腰も曲がらずに声も大きく当時のことを良く覚えている人がテレビに出たりします。

自然とファスティングを極めた手本が実在することで、「極端な食事制限をしても別に問題ないだろう」と思えると気が楽になったものです。

私が、半年間で体脂肪を5%以下まで落とし、糖新生を繰り返して運動するごとに筋肉が落ちていくような体験をしても、何も問題なく生きていることが何よりの証拠です。

概念が変わった

ファスティングを知ったのをきっかけに半年間の極端な食事制限を経験したお陰で、医学に対する根本的な考えが変わりました。

「糖質摂取+インスリン投与は矛盾」

糖尿病治療のように、糖質を摂らせながらインスリンを投与するような矛盾を素直におかしいと思えるようになり、可能な限り病院には行かず、薬にも頼らない意識が大切だと思えるようになりました。

また、健康不安で栄養を摂り過ぎるのも問題と思るようになっただけでなく、自分の健康に関する答えは、実践を通じて結論を出していくのが最も確実と思えたのもこの時です。

薬に頼るのは、塗り薬くらいにしておきたいものです。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート