糖質制限の良い点・悪い点をレポート

このサイトでは、糖質制限を実践しながら、あれこれとレポートを掲載しています。

実際に糖質制限をしてみると、良いことばかりでも無いと思いました。

糖質制限の良い点

日常的な不調の大半が解決する。普通に調子が良い。

糖質制限の悪い点

やり方を間違えると、血糖値が下がりにくくなる。

取り組み方針

最初は糖質制限だけでしたが、今では脂質の摂取も気をつけています。

  • メイン:糖質制限
  • サブ:脂質制限

ただの食事制限感は否めませんが、基本的には、糖質制限のスタンスです。

理由

  • 糖質の摂り過ぎ:体調不良、皮膚炎などが起こる
  • 脂質の摂り過ぎ:LDLコレステロール異常値

糖質を減らしたら、体調不良や便通、皮膚炎など大半の問題が解決しました。

HbA1cの低下

有酸素運動の習慣がほぼゼロでも、私のHbA1c値は「5.0%」程度です。

筋トレは多少なりともしていますが、汗をかかない程度の軽度なものです。

途中から糖質制限の問題に気づきました。

脂質摂取量を意図的に増やした結果、血液検査でLDLコレステロール量が異常値と判明。

以来、脂質制限も意識するようになりました。

現在の食事バランス

現在の食事バランスは、こんな感じです。

まず、糖質制限推奨派の「肉と脂質は、いくらでも摂りましょう」という考えには賛同しません。

私自身の経験から、動物性脂肪を摂りすぎると肝臓に蓄積しやすいと感じています。

最近の更新

卵とバターを減らして血液検査した結果(2021年4月)

卵とバターを減らして血液検査した結果(2021年4月)

バターをやめ、卵を減らして3週間ほど経過後に行った血液検査の結果をレポート。一足先に、ドーナツを5個食べて血糖値の変化も記録。

空腹状態からドーナツ5個食べた結果

本気で糖質制限したら耐糖能異常になった?

久しぶりにドーナツを食べて実験したら、耐糖能異常になっていると知りました。

血液の状態チェック(2021年1月27日)

私の手元には、ケトン体測定器、血糖値測定器、HbA1c測定器の3種類があります。

血糖値測定器をメインに使いながら、ケトン体やHbA1cの数値を定期的に測っています。

測定器各種の紹介と使い方解説

おすすめ記事

意識的に食べるようになった食品

意識的に食べるようになった食品

糖質制限で意識的に食べている食品の紹介。食べて良い理由などについて触れています。

糖質制限本格スタートマニュアル

糖質制限本格スタートマニュアル

糖質の害を理解し、糖質制限の有用性を感じた人が実際に何をすれば良いのか、スタートマニュアルを用意しました。

体のメインエネルギーはケトン体だと思う理由

体のメインエネルギーはケトン体だと思う理由

体のメインエネルギー源がブドウ糖ではなくケトン体である理由、食後高血糖で起こる体調不良や糖質制限で改善したことなどについてまとめています。

注意事項

糖質制限の取り組みは、全て自己責任です。

正解が不明な以上、当サイトの情報も含めて全て自己責任でご判断ください。

私個人は、体が楽になり疲れや眠気から解放されて早起きにもなりましたが、筋肉には、ある程度のブドウ糖蓄積も必要なので、運動する時には多めに摂取しています。

あくまでも制限することが目的なので、消費に応じたバランスを考えることは大切です。

ただし、ご飯を食べる生活に戻す予定はありません。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート