糖質制限したら耐糖能異常になった?

2021年3月10日に、日帰りの人間ドック終了後にドーナツを5個食べたところ、耐糖能の悪化を確認しました。

ドーナツの糖質量

商品名 糖質量 個数
チョコファッション 31.3g 2個
チョコリング 23.5g 1個
ココナツチョコレート 25.8g 1個
エンゼルフレンチ 12.6g 1個

最初の2個までは、「久しぶりのドーナツ、美味い」だったのですが、3個目からは、「糖質重い・・・」に変わってきました。

では、血糖値の測定結果を踏まえて耐糖能悪化の原因を探っていきましょう。

ドーナツ5個食べた後の血糖値

人間ドック終了後にドーナツ5個。

本格的な糖質制限を半年近く続けて修練を積み重ねてきた体に、120g以上の糖質を一気に押し込んだことになります。

その結果どうなるのか、食後に血糖値とケトン体値の両方を測定してみました。

食前

食後すぐ

30分後

1時間後

1.5時間後

2時間後

2.5時間後

3時間後

筋トレ後(上の結果から6分後)

糖質制限のやり方に注意が必要

今回の結果を踏まえると、「糖質制限のやり方を間違うと、耐糖能低下を招くリスクあり」と言えそうです。

私個人としては、糖質制限によって著しい体調の改善を確認しているので糖質制限は続けます。

しかし、耐糖能が落ちた結果は消えないので「取り組み方に注意が必要」と判断しました。

なぜ、インスリン分泌能力が低下した?

今回の結果から、耐糖能は、筋トレでは有効に作用しているので、内分泌(インスリン)が悪くなっていると考えられます。

原因は何?

おそらく、肝臓に脂肪が集中しているのだろうと思います。

今後の対策

原因を予測して、今後の対策を考えることにします。

心当たりのある原因

  • 脂質の過剰摂取
  • 運動不足

具体的な原因

  • 脂質:鶏油、バターを毎日摂取していたこと
  • 運動:汗をかくような運動が皆無だったこと

これで改善しなかったら卵を減らし、それでも違ったら、ナッツやオリーブオイルと段階を踏んでいくことにします。

前提の修正

  • 「脂質はいくらでも摂って良い」はウソ
  • 動物性脂質を控える(特に加工品)

以前は、糖質制限を推奨する先生方の言葉を信じて、「脂質は制限しなくてい良い」と本気で思っていました。

実際に試してみて、違ったなと思いました。

同じドーナツで再検証

一週間後に全く同じ内容のドーナツを食べて再検証してみました。

食前

食後すぐ

30分後

1時間後

1.5時間後

2時間後

2.5時間後

筋トレ後(上から7分後)

動物性脂質の制限と有酸素運動

前回より多少低かった理由として当てはまりそうなことは、前回は全く動かずにNetflixを観ていたのに対し、今回は、パソコンで作業しながら時間を潰していたこと位の差です。

この違いも踏まえると、パソコン作業で頭を使ったとしても血糖値はそんなに下がらないことがわかるので、脳のエネルギー源ブドウ糖依存説も同時に否定できそうですね。

とりあえず、動物性脂質(特にバター)を減らして、そのうちジョギングでもはじめるか、外で体動かす時間を増やそうと思います。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート