3日間に渡りケトン体を測定した結果

ケトン体測定器「フリースタイルリブレ」を使い、3日間に渡ってケトン体測定した結果です。

ケトン体測定器とは

ケトン体測定器は、ケトン体に含まれるβヒドロキシ酪酸、アセト酢酸、そして、アセトンの中から、βヒドロキシ酪酸を測定する機械です。

現在の技術では、正確なケトン体値まではわかりませんが、指標のβヒドロキシ酪酸の血中濃度を見ることで、ケトン体の総量をある程度把握することが可能です。

測定結果一覧

昼食後にケトン体と血糖値の両方を測定してみました。

食事内容は、木綿豆腐、卵2個、鶏のもも肉、キャベツ、鶏油です。

昼食後すぐ

この数値は、取扱説明書の内容では、高ケトン状態という危険な部類に入るそうです。

同じタイミングで測定した血糖値は、88mg/dlと安定しています。

軽めのトレーニング後

基礎代謝とトレーニングでエネルギーを消費した分ケトン体数値が落ち、血糖値も80mg/dlを切っていますが、まだケトン体は十分あるので問題ありません。

夕食後

1日の中で最も低い値となりました。

起床直後

前日の食後8~9時間後にあたる翌朝の数値です。

朝食後

食事内容は、牛乳、木綿豆腐、ナッツ、バター、チーズなどですが、食後すぐに測定したため、あまり参考にはならないかもしれません。

朝食の30分後

ケトン体は安定していて、ブドウ糖はわずかながら食事の影響で上昇している状態です。

朝食の2時間後

ケトン体も血糖値も1時間半前とあまり変わっていません。

昼食前

ケトン体値が突然1.2mmol/Lまで上がりました。

昨日の昼食後すぐにケトン体が上がったと感じたので、食材による影響を予測して卵2個だけを食べてみたのですが、関係なかったようです。

昼食2時間後

食後2時間経過後に再び測ってみたところ、いずれの数値も安定しました。

夕食前

昼食2時間後の数値からほとんど変化なく安定しています。

夕食前

昼食に卵2個、軽くナッツを食べ、チョコレートをつまむ程度の食事量で21時となりました。

夕食後

夕食後は、前日と同じように、ケトン体値が下がっていることから、食事量が多くなり消化器官が活発化するとケトン体が消費しやすいようです。

血糖値が上がるとインスリンの分泌が増えるので、体がエネルギーを吸収するモードになっているという見方もできます。

ケトン体値が上がり、血糖値は低めで安定しています。

まとめ

今回3日にかけて測定してみると、ケトン体値に以下のような傾向を感じました。

  • 0.2~1.2mmol/Lで変動する
  • 血糖値との相関関係はあまり感じられない
  • 空腹が長いからといって高いわけではない
  • 脂質の多い食事の後は、上がりやすい
  • 運動すると下がる
  • しっかり食事を摂ると下がる

規則性があるようで無いようなはっきりしない部分がありましたが、高脂肪食の食後に上がりやすく低脂肪食だと上がりにくいなど、食事との関連性も感じます。

また、しっかり食事を摂ると内蔵がケトン体を消費する分、ケトン体値が下がりやすい傾向があるようにも感じられました。

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート