HbA1c測定器「A1CNow」の使い方

このページは、HbA1cの基本情報を踏まえは「A1CNow」の使用レポートです。

A1CNowの購入元はこちら

HbA1c測定器の目的

HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)は、赤血球のたんぱく質「ヘモグロビン」に、ブドウ糖がどの程度の割合で結合しているかを数値化したものです。

HbA1c測定器の使用目的

HbA1cを調べることによって、2~3ヶ月間の血糖値の状態がわかります。

HbA1cの結果

  • 5.6%未満:正常
  • 5.6~5.9%:注意
  • 6.0~6.4%:糖尿病の疑いがある
  • 6.5%以上:糖尿病が強く疑われる

このように、「%」が上がれば血糖の悪化であり、「%」が下がれば血糖の改善を意味します。

血糖値測定器との違い

血糖値測定器は、現在の血糖値しかわかりませんが、HbA1cは、数ヶ月の生活の蓄積が結果として表示されます。

運動や食事での努力が成果として現れるので、それまでの取り組みが体に良かったのかを判断する材料となります。

HbA1c簡易測定器の誤差

HbA1cの基準値は、年々変わっているので、私の取り組みによる実感としては、「5.5%」は切っておきたいところです。

また、「A1CNow」は、あくまでも簡易的にHbA1cを測定する器械なので、病院での数値と比較して0.3%くらいの測定誤差を加味しておいてください。

測定手順

A1CNowの取扱説明書は、英語ですがイラスト付きでわかりやすいので難しくはありませんが、普段の血糖値測定よりはコツが必要です。

開封

簡易穿刺器を袋から取り出し、採血器+シェーカースタンド、カートリッジを開封します。

穿刺器の準備

簡易穿刺器の保護ピンを抜きます。

針を刺す

針の後ろ側を押すと、刺さる仕組みです。

A1CNowに付属のランセットは針が太くて大きいので、採血には適していますが少し恐怖心を感じるかもしれません。

血を出す

指の腹を押しながら血を出し、採血しやすくします。

採血

採血器の先端を血液に触れさせると、すーっと吸い込まれていきます。

この時、シェーカーのスポイト内にしっかり血液が入るようにします。

シェーカーにセット

採血が済んだら、採血器をシェーカースタンドにセットし、最後までしっかり入るように押し込みます。

スポイトがきちんと収まったら、血液と検査液がしっかり混ざるようにシェーカーを振ります。

採血したらよく攪拌する

シェーカー内には、元々入っている薬液があります。この薬液と採血した血液を混ぜ合わせることで、より正確な数値になります。

センサーをセット

検査液と血液を混ぜたら、カートリッジを測定器本体に差し込みます。

準備完了

「SMPL(サンプリング)」が表示されたら、スタンバイOKです。

測定中(5分待つ)

カートリッジ先端の丸い部分に、シェーカーを押し当てると中から混合液が出てきます。後は測定結果が出るまで、5分間ほど待ちます。

1回目の測定結果

1回目の結果は、「4.7%」でした。

しかし、誤った結果です。

シェーカーをしっかりと振らないと、このような明らかに低い数値が出ることがあるので注意しましょう。

ダブルチェック

HbA1c測定器は、長期保管後に使用する場合やシェーカーの振りが足りない場合は、ダブルチェックした方が無難です。

採血

2回目のチェックを進めていきます。

サンプリング

2回目は、検査液と血液がしっかり混ざるように振りました。

2回目の測定結果

2回目の結果は、「5.0%」でした。

HbA1cの数値が5.0%だったので、病院で本格的に調べると、おそらくは「5.3%」前後が実際のHbA1c値だと予測できます。

A1CNowの購入元はこちら

糖質制限と高血糖対策
糖質の多い食品で血糖値テストした結果
測定器各種の紹介と使い方解説
思考整理
実践レポート